あなたの夢の実現と悩みの解決のお手伝い

行政書士砂場隆浩事務所

  敷居が一番低い街の法律家が行政書士です。
  長年の努力が実って、念願のお店を持つとき、営業許可や建築確認などの行政手続きをしなければ違法行為になります。でも、そんな時間があれば、営業に時間を割きたいと思うのが人情です。許可申請時はお店への思い等をお聞きしていますので、ご希望があればパンフレットや名刺、ホームページも作成致します。企業やNPO法人の頼れるパートナーを目指しています。

  日常の生活の中でも法律手続きが必要なことはたくさんあります。
  子どもたちが困らないように相続をはっきりさせておきたいと思う方もおられるでしょう。何度催促しても貸した借金を返してくれずに困っている方もおられるでしょう。婚姻した外国人の配偶者を呼び寄せたいと願う方もおられるでしょう。
そんな時、行政手続や書類の作成で、あなたの「夢を実現」し、「悩みを解決」するために全力を尽くすのが行政書士砂場隆浩事務所です。

◇新型コロナウイルス対応

Created with Sketch.
  •    東京五輪は終わったものの、コロナの緊急事態が継続しており、市民の皆様の多くが外出を自粛しておられます。人と人とが出会うことが事業のスタートですが、それができない辛い日々が続いています。先行きの見えない不透明感が閉塞感となって全国を覆っています。国や地方自治体も様々な支援策を準備し、皆さんの暮らしや経営を支えようとしています。使いにくさなどの問題点の指摘もされていすが、あるものは使ってみてはどうでしょうか。行政書士はこうした行政への申請の専門家。使いにくさは行政書士が補います。微力ですが頑張って支えます!

◇企業・個人事業主の皆さんをサポート

Created with Sketch.

  新型コロナウイルス感染はもう2年を超えようとしています。旅館業や飲食業、建設業などに大きなダメージを与え、そのことが経済に大きな悪影響を会建てています。国も、地方自治体も、様々な企業支援策を打ち出していますが、実施されている支援策は、新しい事業に取り組まねばならなかったり、コロナ対策に限定したりと、なかなか受給までのハードルが高いものが少なくありません。国に支援制度も、持続化給付金から家賃支援給付金、一時支援金、さらには月次支援金とコロコロ変わるので、どうしていいか分からずに困っている経営者の皆様も少ないのではないでしょうか。まずはご相談下さい。御社にあった支援策を提案をさせて頂きます。

◇ 帰国できなくなった技能実習生をサポート

Created with Sketch.

国内に滞在する技能実習生は28万人。新型コロナウイルスのために技能実習を終了しながら帰国できない実習生の相談が相次いでいます。技能実習期間終了後は働けませんので、技能実習生は暮らしに困り、企業は新規の技能実習生の受入ができずに苦慮されています。入管業務の申請取次資格を有していますので、緊急対応としての特定活動へ在留資格の切り替えをお手伝いします。これを機に、2号技能生から特定技能、あるいは3号へ移行される申請もしっかりと支援します。特定技能外国人の支援機関として令和3年4月に出入国管理長官より登録が認められましたので、移行後の雇用と暮らしをしっかりとサポートします!

行政書士砂場隆浩事務所のご紹介

自己紹介

朝日新聞記者と鳥取県議会議員を経て鳥取県行政書士会に登録した56歳です。取材のインタビューをするのが記者、有権者の思いを聞くのが議員ですから、仕事の根底は同じです。この経験を活かして依頼者の皆様の思いをしっかり聞くことから仕事は始めます。

夢の実現と悩みの解決へ

受けをする業務は「官公庁に提出する書類」「権利義務に関する書類」「事実関係に関する書類」の作成です。しかし、書類作成は、夢を実現し、悩みを解決する手段。実現と解決に向け、PRコンテンツの提案や経営分析などトータルに企業や皆様の暮らしをサポート致します。

まずはご相談下さい

行政書士が取り扱う案件は、1件とて同じ案件はありません。まずはメール、FAX、電話でご連絡下さい。私がお役に立てる連絡内容であれば、日時と場所を決め、ご相談をお受けします。初回の相談料は無料ですので、安心して連絡してください。

まずはご相談を

悩んでいることがあれば、お気軽にご相談ください!
  初回の相談は無料です。
鳥取県行政書士会の仲間だけでなく、弁護士、司法書士、税理士等のネットワークであなたの悩みの解決を全力でサポートします。

日本行政書士会連合会

鳥取県行政書士会

いい相続(行政書士がお手伝いできる相続について解説しています)